ワキガの手術さえすれば楽になれると考えている人は多いと思いますが、実は後悔してしまう可能性もあります。 実際、ワキガ(優性遺伝するため、両親がワキガだと約80%の確率で子供も発症するといわれています)手術を受けて後悔している人は少なくありません。 では、そのような人たちは、一体どんな事に後悔しているのでしょうか? 一般的に手術をして失敗したと思うケースは、以下の通りです。 ・完治しなかった ・再発してしまった ・傷跡が目立つ ・副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が出た ワキガ手術をしたからといって、必ずしも治るという訳ではなく、場合によっては症状が改善しないこともあります。 特に数十万円という多額のお金をかけても治らない場合には、大きな後悔をすることになるでしょう。 また、一度治ったと思ったとしても、再発してしまう可能性があります。 女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多いのは、傷跡の後悔です。 脇に手術跡が残ってしまい、今度はそのことに対してコンプレックスを抱いてしまう事もあるかもしれませんね。 それに、手術による副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)で、臭いがさらに強くなってしまったり、他の部位から大量の汗が出ることもあり、これなら手術しない方が良かったと後悔する人も多いですー